徒然なるままに

ライブやフェスで役立つ情報や、おすすめの邦楽ロックバンドの紹介などを書いています!

フェスの楽しみ方

こんにちは!

 

今回は、

フェスに誘われたけど楽しめるかな…

 

邦楽ロックとか出演するアーティストが分からない…

 

って方向けに書きたいと思います◎

 

フェスの楽しみ方

結論から言うと、わいわいした雰囲気が好きであれば絶対に楽しめると思います!

 

楽しみ方は、人それぞれありますが、

①わいわいした雰囲気

②お酒

③フェス飯

④音楽

⑤一緒にいる友人

 

基本的に、フェスでは上の要素がかけ合わさって(お酒×友人)楽しいって気持ちが生まれると思っています!

 

また、フェスには、ロッキンやフジロックのような「郊外型フェス」と、サマソニやメトロックのような「都市型フェス」に分けられます。

初めてフェスに行くのであれば、アクセス等が良い「都市型フェス」から始めてみるのがお勧めです。

 

やはり、フェスに行ってよかったって思えることが一番なので◎

 

www.summersonic.com

 

vivalarock.jp

 

japanjam.jp

 

このあたりが、フェス初心者向けだと思います!

 

邦楽ロックの予習方法

フェスに行くのであれば、知ってる曲を聴きたいですよね。

なので、フェスに行くことが決まったら予習は絶対にするべきだと思います!

フェスの楽しみ方のところで、わいわいした雰囲気が好きならって書きましたが、曲を知ってるのと、そうではないのでは楽しみ方の広がりは全く変わってくると思います◎

お酒×友人×音楽となれば、充実することは間違いないです、保証します。笑

では、予習方法の流れをざっくりご紹介します!

 

①タイムテーブルの作成

まずは、日割りが決まりタイムテーブルが発表されたら自分の中で組みましょう!

一人で組めなければ一緒に行く友人と決めるといいですよ!

タイムテーブルを考えるのがワクワクして凄い好きですし、何度もフェスに行っていると普段聴いたことがないアーティストにも手を出してみようとなるので音楽の幅も大きく広がっていきます◎

 

②アーティスト毎に曲を聴く

フェスでは、基本的に持ち時間がアーティストにはあるので歌っても8曲程度で、盛り上がる有名曲を歌ってくれることが多いです。

なので、逆にそこを抑えておけば「全く分からなかった…」とはなりません!

 

予習方法としては、時間があればTSUTAYA等ですべてのアルバムを借りましょう。

現在の効率の良い予習方法は、やはりアップルミュージックを利用することだと思います。

これに関しては、別記事で詳しくご紹介していきたいと思います!

  

最後に

ざっくりと書きましたが、フェスって敷居が高そう…とか、楽しめるかわからない…って方も、多少の用意があれば心から楽しめると思います!

まずは、友人から誘われたら飛び込んでみることをお勧めしますし、今回の記事を読んで行ってみたくなったら友人を誘ってみるのもいいでしょう!

その友人が、フェス初心者であってもいいと思います!

 

当日までの準備期間も含め、フェスを思いっきり楽しんでくれる人が今よりもっと増えるといいなと思います◎