徒然なるままに

ライブやフェスで役立つ情報や、おすすめの邦楽ロックバンドの紹介などを書いています!

【ワンピース】953話最新ネタバレ【ネタバレ注意】

 こんにちは!

 

今日は、ワンピース953話の最速ネタバレについて書きます◎

 

 

単行本派の方などは、ご注意ください( `ー´)ノ

 

関連画像

 

 

河松の過去

日和が手紙を残してさった日のことを思い出して涙を浮かべています。

 

日和の、これまでの河松に対するお礼と、今後は一人でやっていくという内容。

 

河松は、日和を探し続けますが、結局見つけることができませんでした。

 

牛鬼丸とゾロ

場面は、現代に戻り秋水を持った牛鬼丸を追いかけるゾロ。

 

必死に逃げる牛鬼丸ですが、ゾロにやられた傷が深いのか、止まらない血が血痕となり、なかなか逃げきることができません。

 

追いかける最中に、多くの廃墟が出てきますが、何かとつながるのでしょうか?

 

日和と再会した河松

感動の再開を果たした河松と日和ですが、河松から思いがけない話が!

 

ワノ国の北の大地である、鈴後は、かつて隣の白舞と同じ霜月一族が統治していたそうです。

 

当時の大名の、「霜月牛丸」は剣の達人であり、一匹の狐を連れていたと。

 

しかし、カイドウの手によって鈴後も廃墟と化してしまいました。

ゾロが、牛鬼丸を追いかけていたシーンの廃墟は、こことつながるんですね。

 

そして、次に鈴後の風習について語られます。

 

この土地は、寒すぎて棺桶に入れた死体が何百年も腐らないそうです。

 

このことより、永遠の墓と呼ばれ、墓石には刀が使われていたそうです。

 

また、墓石に使われている刀の中には、名刀も多く含まれており、盗賊が後を絶たなかったそうです。

 

河松の回想

一匹の狐が盗賊を追い払うシーンで、その狐は河松に対しても威嚇します。

 

しかし、その狐が霜月牛丸と一緒にいる「鬼丸」だと気づく。

 

歩みると、倒れてしまう鬼丸。

なんと、5年以上も墓の刀を盗賊から守り抜いていたのです。

 

墓石代わりの刀を掘り起こそうとする河松。

それを見て、鬼丸は河松に怒ります。

 

なぜ、河松がそのような行動をとったかというと、13年後に起きる戦闘にたくさんの刀が必要になることが分かっていたからなんです。

 

河松は、その戦闘に向けて刀を盗賊に見つからないようにすることが使命だと鬼丸に訴えます。

必死な思いが通じたのか、理解する鬼丸。

 

その後、おいはぎ橋にて、泥棒を追う河松と鬼丸。

 

そんな彼らに、正体を訪ねる泥棒たち。

河松は、少し考え自分のことを牛鬼丸と名乗ります。

 

大量の刀がある隠し部屋

ゾロ達を、刀の隠し場所まで案内した牛鬼丸。

なんと、大男の牛鬼丸は、狐の鬼丸が化けていたのです。

 

ゾロ達を案内した、彼は満足そうにその場を去っていきます。

 

名刀”閻魔”

秋水は、ワノ国に返して欲しいとゾロに伝える日和。

 

しかし、ゾロは自分の刀だと怒ります。

 

そこで、日和が代わりの刀を用意すると・・・

その代わりが、なんと、亡きおでんから受け継いだ名刀”閻魔”だったのです!

 

そして、この刀こそがカイドウに唯一傷をつけた伝説の刀なのです。

 

要するに、カイドウVSゾロが見れるのか・・・!?